Sun protection factor

自分に合った日やけ止め

あなたに合った日やけ止めを見つけましょう。

日やけ止めのことをきちんと理解して、適切な対策で美肌をキープしていきましょう。

適切なSPF・PA値の日やけ止めを選ぶ

SPF(Sun Protection Factor)とPA(Protection Grade of UVA)

SPFとは短時間で赤み・炎症を起こさせ、黒化につながりやすい紫外線であるUV-Bから肌をまもる効果を示す指数です。「SPF50+」が表示上の上限となります。
PAとは直後に黒化を起こさせ、長時間かけて肌の弾力を失わせる紫外線であるUV-Aから肌をまもる効果を示す指数です。「+」の数が多いほど、「UV-A」の防止効果が高くなります。

紫外線の種類

「UV-A」と「UV-B」

UV-Aは地表に届く紫外線の役95%を占めます。
肌の奥深く真皮まで届き、シミの原因となるだけでなく、長時間浴びると、ハリ・弾力の低下など、皮膚の老化を促進します。雲やガラスを透過するため、くもりの日や室内にいる場合でも肌に影響を与えます。
UV-Bは、主に表皮に影響し、強い日ざしを浴びた後、肌が赤くなる、ヒリヒリするなどの炎症を起こします。また、メラニン色素を増加させ、日やけによるシミ・ソバカスの原因にもなります。

Applying sunscreen

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、物理的な仕組みで紫外線を散乱、反射させます。
散乱剤(パウダー)が肌を均一に覆って紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に侵入するのを防ぎます。

使用シーンに合わせた日やけ止め選びを

紫外線から受ける肌への影響には個人差があり、また、気候条件、季節、時間帯、場所などによって紫外線の強さは異なります。
SPFやPAの値は商品選択の目安としてお考えください。

おすすめ